システム開発における3つのステップ!どれを仕事にしたい?

問題の分析による要件定義

システム開発を行うにはその目的が必要になります。その目的を明確にするのが始めのステップです。クライアントに対するヒアリングを通して必要とされていることを明確化したり、市場の動向を分析することによって需要を解析したりすることを通して、問題の明確化を行うことになります。その分析結果をもとにしてシステム開発が進められていくことになるのです。こういった仕事はシステムエンジニアが担うことが多く、プロジェクトによってはプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーといったより上位職の人が担う場合もあります。

定義された要件に基づくシステム設計

クライアントへのヒアリングや市場分析から定義された要件をもとにして、どのようなシステムをどうやって構成していくのかということを考えるのが次のステップです。システムの構成に必要となる情報機器等の選定からシステムを動かすために必要となるプログラムの設計に至るまで細かな仕様を定めた書類を作成し、実際にプログラミングに運び込める状態にすることになります。この仕事を担うのはシステムエンジニアであるのが典型的です。

プログラミングによるシステム構築

システムの設計の過程で作成された仕様書に基づいてプログラミングを行い、新しいシステムを現実のものにするのが3つ目のステップになります。このステップを担うのがプログラマーであり、システム開発そのものとしては最終段階になります。そして、プログラミングが完了することによってできたシステムの動作確認を行うことで実際にシステムとして成立します。こういった大まかな流れの中で活躍するのがシステムエンジニアとプログラマーであり、それぞれ担う仕事が異なっているのです。

notesのマイグレーションとは、他システムの連携や運用管理コストなどの理由から他の情報基盤へ移行し、更に情報活用を活性化させることをいいます。