宣伝効果・効率アップを叶えるビラ配りの心構え

まずは場所取りからスタート

ビラ配りのノルマを達成するためには、多くの人に受け取ってもらうことが必要です。サンプル付きやポケットティッシュ付きなど、魅力的な要素のあるビラは受け取ってもらえる確率が上がりますが、ビラの内容や付属物が指定されている場合もありますよね。路地よりは大通り、大通りでも人通りが特に多い場所を選び、ビラを差し出す機会をできるだけ多くします。大通りの交差する交差点、バスターミナルへの通り道など、人の流れを把握しておきましょう。

渡す相手を選んで宣伝効果アップ

ビラを受け取ってもらえても、すぐに捨てられてしまっては様々な努力が無駄になってしまいますよね。ビラの内容に合わせてターゲットを変えることは、宣伝という目的を達成するためにも非常に重要です。10歳代の中高生は受け取ってくれる割合が少なく、20歳代以降では男性よりも女性をターゲットにして渡すと効率が良いと言われています。中高年男性は読み物として受け取ってくれることも多いです。いずれにせよ、ちらっと見たときに魅力的に見えるように差し出すなどの対策も有効でしょう。

好印象を与える立ち振る舞いを

明るく元気な声、はつらつとした雰囲気は人波の中でも目立ち、多くの人に好印象を与えるものです。恥ずかしがらずににこやかな表情で、背筋を伸ばし足下、指先まで気を配った良い姿勢で、相手の受け取りやすさを一番に考え、手の先に向かってチラシを差し出しましょう。ビラ配りの時間帯に合わせた挨拶や、何か一言添えると、気遣いの気持ちも伝わります。何を配っているのかな、この人からなら受け取っても良いかなと思われるような雰囲気を演出してください。

ポスティングの仕事は、広告やチラシをポストに投函することが主な仕事であり、ノルマがある場合とそうでない場合があります。