プライバシーを守りたい!気をつけるべきSNSの使い方

不必要な情報はなるべく載せない!

気軽に自分の心境をつぶやき、多くの人々と簡単につながることができる「Twitter」、実名登録で写真投稿や近況報告ができる「Facebook」は、数あるSNSの中でも人気ですよね。アカウントを持っている人も多いですが、意外とプライバシーが筒抜けということに気づいていますか?例えば「今○○にいる」、「昨日××に行った」といった何気ない投稿は、あなたの居場所や足取りを不特定多数の人に知らせているようなものです。自分をフォローしている人のみが観覧できるよう、ロックをかけていれば安心と思いがちですが、交友関係や友達の投稿内容から、あなたという人物像を容易に割り出すことができてしまいます。トラブルに巻き込まれないためにも、不必要な情報はなるべく公開しないよう心がけるべきですね。

写真の公開は気をつけて!

「Twitter」、「Facebook」をはじめとするSNSの多くは、プロフィール画像を設定できたり写真付きの投稿ができますよね。楽しい思い出の写真をたくさんアップしたい、という気持ちもわかりますが、ちょっと待って!写真は写っている人、場所を特定することができる強力なものです!これを第三者が観覧可能、拡散可能なインターネット上に公開しようとしている、ということを忘れてはいけません。また「タグ付け」という、一緒に写っている人の名前を公開し、その人のタイムラインへのリンクを作成するという機能がありますね。自分や友達のことをより多くの人に知ってもらいたい時には便利な機能ですが、「タグ付け」された人は、友達の友達(知らない人も含む)に自分の顔やプロフィールを知られることになります。あまり公開したくないと思っているのに、迷惑だな・・・と友達に思われないためにも、自分以外の写真を載せるときは一言ことわっておいたほうが、お互いに安心ですね。

SNSは、今や交流のための必要不可欠なツール!

SNSの最大の特徴といえば、インターネット環境があれば、どこからでもいろいろな人と交流することができるということですよね!いつもの友達と盛り上がるだけでなく、しばらく会うことがなかった懐かしい友人とSNS上で近況報告をし合えたり、同じ趣味を持つ人と情報交換ができたり・・・。一方で、自分の知らない第三者が介入する危険性もあるのがSNSというもの。自分の投稿を観覧することができる人を制限したり、関わりたくない人はブロックするなど、プライバシーを守るための設定を上手く活用しましょう!不安を感じたときは、周りに相談するものよいですね。SNSは、新しい形で人とのつながりを実現してくれるものです。自分と他人のプライバシーにも配慮しながらスマートに利用できれば、きっと楽しいものになりますよ!

機密文書の処理を専門に行っている業者では溶解による処理で安全性も高くリサイクルされるので環境にも優しいです。